振り返り

大阪の小学校で6年勤務し、結婚で愛知へ。小学校で先生の仕事を続け、娘を出産後、小学校へ仕事復帰

仕事と家庭の両立に頭を悩ます頃に息子を出産

 

私の実家は福岡、夫の実家は三重、育児で頼れる身内は近くにいない

さらに家庭も仕事も悩んでも、話せる心の余裕がなかった

 

など

 

いろんな理由で時短を取ることを決意し 、中学校なら時短が取りやすいってことで、今年度、仕事復帰と同時に中学校へ転勤

 

フルでお仕事したときに比べて明らかに心の余裕があった1年でした。

 

良かったこと

⚪私にとって、朝イライラしなくて良いのはスゴく良かった。

⚪小学校勤務で担任をやっていたときと比べ、子どもの急な熱などで仕事に遅れたり、休むときの心の負担が減った。

⚪自分の時間を作れた

 

 

モヤモヤしたこと

⚪職員会議や学年会に出ないため、先生たちとのコミュニケーションの場を自分で作っていかないといけなかったと反省

 ⚪いつまで時短を取るか

 

 

 私の担当教科は理科で実験準備など大変なときもあるのですが、大変だけど楽しんでやってました🎵

 

生徒も実験は楽しい❗

けど…理科は覚えることも多いし、計算もあるし(^^;って

来年度への授業改善の課題です

 

好きな仕事

お仕事の方は三年生を送る会が終わり、もうすぐ卒業式。

 

卒業式練習も小学校とはまた違う雰囲気

 

中学校を卒業すると、それぞれの道に進むんだなぁって…しみじみ思ったり、今年関わった1年生もあと2年後は送られる側なんだと思ったり。

 

 

 

そして今日は我が子たちの発表会

 

最初は三歳児までの園だったけれど、就学前までに変更され、我が子だけじゃなく一緒に成長してきたお友達の姿も、じーんとなって見てました。

 

もともとは三歳児までの園だから就学前までの子どもたちが過ごすために先生たちも中でいろいろと工夫をしてくださってるのだろうなぁ、先生たち。

 

 

ただ先に生まれただけかもしれないけど、なんかやっぱり子どもたちの成長に関わることができるステキなお仕事だなぁって思っております。

 

日々そんなじーんとすることばかりじゃないけどね…(笑) 

でもこのいろんな一瞬に立ち会えるのが嬉しい❤

私の職業感

時短勤務をしたり、いろんな人との出会いで変わってきた(⬅もともと持ってたのかな)私の職業感を子どもたちにも少しずつかもしれないけど伝えていきたいな


嫌われる勇気を書かれた岸見一郎さんのインタビュー記事

http://best-times.jp/articles/-/2625


昨日会った赤穂さんをインタビューされてるベジタブルジャーニーさんの記事

http://mitowa-japan.jugem.jp/?eid=114


子どもを産み育てるという母というしごと、父というしごと


微力だけど無力じゃないなぁ、できることをコツコツと❗❗

インフルエンザ

f:id:tanabata99:20180210070001j:plain
娘のインフルエンザから始まり、息子に移り2週間、保育園と病児保育の二ヵ所送り迎え頑張ったよ~❗

子どもたちも、体調悪い中よく頑張ってくれました。

学年末テスト前で試験範囲が終わるまではって思ってたけど、けっきょく仕事を選んでたなぁ

病気の我が子といるより仕事を選ぶんだって客観的に思った。


夫も仕事休んでくれて、子どもたち見てくれた日が
あったけど、一緒に休む感じで家事まではなかなかできないよねって思いながらも、心はイライラしてた(笑)

気を張ってたんだなぁって思う。

f:id:tanabata99:20180210071226j:plain

お疲れ様のワイン買ってきてくれたから、昨日は一緒に飲んで、みんな頑張ったね、お疲れ様~❗って乾杯した(笑)

健康第一❗❗

グループダイナミクス

f:id:tanabata99:20180203225058j:image

チアダン見ました❗

今、年中の娘がチアをやっているから気になっていて、同じチアのお友達のママが「良かったよ~」って教えてくれて、私がはまるという(笑)

 

 

で、チアダン見て、これだってなったのが『グループダイナミクス
f:id:tanabata99:20180203225456j:image

「教員のためのリフレクション・ワークブック」このワークブックを使いFacebook上での振り返り月1を目標に行ってます。この本の中に出てきたワードで恥ずかしながら知らなかったけど(^^;気になったものが『グループダイナミクス(集団力学)』

 

中学校勤務になりいくつかのクラスを見ることができたり、これまでのクラスを思い返したり、これまでの職員室の様子を思い浮かべたり、自分の子どもの頃を思い出したり…

仕事復帰して約1年じっくり考える時間をいただきました。

時短勤務で担任は今、持っていないけれど「クラス会議」を学びたい❗❗

 

 

つぶやき

子どもたちのつぶやきを大事にしたいなぁって思う。

 

それは、自分が話せなくなっていたから

(書けなくなっていたから)

そんな自分に気づいたのは、2年前くらいのこと

 

友達のFacebookにコメントを入れるのを躊躇ってた自分に気づいて

お友達に会いに行って気づいたこと

 

「私の言葉は必要ないんじゃないか」

「何も変わらないんじゃないか」

と、どこかで自分がそう思い込んでることがあった。

 

 

 

学校でも家でも子どもたちに、「ちゃんと聞いてる?」「聞いて~❗」って言うけど、

 

子どもの言うこと聞いてたかな?

聞きたいことだけ聞いてたんじゃないの?

 

 

日々、自問自答です。 

雑談力がついてきたかな(笑)

長期休みは、先生たちも少し時間の余裕ができて、国語科の先生たちとお昼食べながらおしゃべりしました(*^^*)

 

普段は同じ職員室という空間にいても、皆さんそれぞれの仕事をしていて、なかなかおしゃべりできないし、「お仕事のお邪魔かな」という思いもあるし、そして自分にも雑談する時間の余裕はない(^^;(心の余裕はあるのですが…)

 

でも小学校経験があるからなのか他教科の様子が気になります。特に国語❗❗

テストの採点やノート点検、授業の中でも基本になるのは国語力だなぁって思う場面が多々あります。

 

そんな私も国語力を身に付けた~い

だからけっこうおしゃべり会は参考になります❤

 

その中でちょっと面白そうと思ったのが

「うそ作文」

書く力をつけるという話から行事の前にその行事が終わった後をイメージして作文を書くというものだそうです。

しかも社会科の先生がクラスでされているらしくそれが国語科の先生たちの「やってみよう」になってました(^^)

 

私の今年の「やってみよう」は

・我が子たちと季節の絵本を楽しむ

アドラーELMモニターの会をする

 ・夫婦それぞれ一人時間を作る

 

・教員のためのリフレクション・ワークブックを続ける